生年月日 1965年10月5日
出身地 滋賀県彦根市出身
身長・体重 160センチ・45キロ
血液型 骨髄移植後AB型がB型に変わる。
趣味 料理とドラム
好きな色 オレンジ
1965年10月5日 滋賀県・彦根市生まれ。
14歳で森口祐子プロに憧れプロゴルファーになると決意。
高校卒業後、故・井上清次プロに師事し23歳でプロゴルフテストにトップ合格。
滋賀県出身初の女子プロゴルファーとなる。

しかしプロ3年目に10万人にひとりといわれる難病「骨髄異形成症候群」を宣告されるが輸血を続けながらも試合に出場。

限界となった1997年12月3日妹がドナーとなり骨髄移植を受ける。
移植後、血液型がAB型からB型に変わる。
2年8ヶ月東京女子医大に入院。
GVHD(拒絶反応)で食事が摂れず3年間点滴生活を過ごす。

その入院中に叔母のすすめで「絵手紙」を始め、その後数々のポジティブメッセージを書き綴っている。

日本一クラブを持たずに筆を持つ
女子プロゴルファー(自称・相田みつこ)笑

骨髄バンクの啓蒙支援に力を注ぐ

著書
『みんながいるから 今があるから』(集英社 ホーム社)
『リカバリー!』(新潮社)
『遊裕字適』(株式会社エス・エム・エス)

講演会やコラムなど執筆活動・絵手紙作家。
ラジオ・テレビ、また女優として舞台出演。
公益財団法人 日本ケアフィット共育機構 外部評議員 
公益財団法人 日本骨髄バンク 評議員。 
NPO法人 食といのちのお結び隊 理事長(隊長)。

連絡先
株式会社GBプロモーション (お問い合わせフォームはこちら
骨髄バンク 遊裕字適 リカバリー! みんながいるから
伊豆食文化公園